研修会記事
 神経系 目次


標本 診断名
1170 中脳における細胞質内顆粒状色素(セロイドリポフスチン)の蓄積を伴う神経細胞の変性(ボーダーコリーの神経セロイドリポフスチン症)
1169 高度なグリオーシスと神経細胞およびミクログリア内の高リン酸化タウ沈着を伴うネコの神経変性症(ネコのタウオパチー、非AD型)
1115 神経束の腫大及び神経周膜の過形成を伴う多発性外傷性神経腫 (Multiple traumatic neuroma with swollen nerve fascicles and perineurial hyperplasis)
1088 マエディ・ビスナウイルス感染羊の胸髄における非化膿性髄膜炎
1086 小肉芽腫性病変を伴う豚のリンパ・組織球性髄膜脳炎( PCV2 感染の関与を疑う)
1069 悪性髄膜腫(Malignant meningioma)
1068 灰白質と白質の境界部に重度の海綿状変化を伴う脊髄灰白質壊死
(Traumatic feline ischemic myelopathy)
1067 犬の上顎神経におけるリンパ球性神経炎
(Lymphocytic neuritis of maxillary nerve in a dog)
1032  大脳の多巣性壊死 (巣状両側対称性脳軟化)
1015 Sarcocystis sp. による原虫性髄膜脳炎
1014 犬の遅発性小脳変性 (Late-onset cerebellar degeneration),原因不明
1013 著明なうっ血を伴う脈絡叢炎および髄膜炎(猫伝染性腹膜炎ウイルス感染による)
986 小脳髄質髄鞘融解 ( Myelinolysis )
985 血管周囲性の髄膜上皮細胞の増生を伴う広範な脳実質の壊死(脳静脈高血圧症を疑う)
971 顆粒層および髄質に空胞形成を伴う,ウサギ小脳の abiotrophy
970 小脳神経芽腫(Cerebellar neuroblastoma)
943 PTV/PEV の関与が疑われた非化膿性脳脊髄炎,神経根炎ならびに神経節炎
941 ラフォラ小体の蓄積がみられた牛の間脳
940 感覚神経路に主座したグリア細胞の増殖を伴う軸索変性(神経軸索ジストロフィー Neuroaxonal dystrophy)
939 犬の脳原発の組織球肉腫
917 血管のフィブリノイド変性を伴う上行性脊髄軟化症
912 重度軟化巣と血管周囲性硝子滴を伴った,豚テシオウイルスの関与が疑われた非化膿性髄膜脳脊髄炎
910 壊死桿菌による凝固壊死を特徴とする多発性脳膿瘍
909 カルガモに見られた血管炎,病巣内の真菌菌糸 (Aspergillus flavus) を伴う肉芽腫性髄膜脳炎
891 小膠細胞腫症 microgliomatosis
890 大脳灰白質広汎性海綿状変性
889 胸髄の脊髄空洞症および白質変性
887 ヤギの頭蓋骨から大脳にみられたA.naeslundii 感染による化膿性肉芽腫
867 GM2 ガングリオシドーシス 2型
866 ボーダーコリーのセロイドリポフスチノーシス
854 Sarcocystis neurona による馬原虫性脊髄脳炎
853 海綿状脳症(疾病診断:牛海綿状脳症)
852 退形成髄膜腫(Anaplastic meningioma)
851 脊髄の血管過誤腫
850 両側大脳半球の背内側領域における血管症を伴った水腫
849 Ganglioneuroblastoma
848 牛の大脳にみられた囲管性細胞浸潤と非対称性嚢胞期層状壊死
828 牛の小脳に見られた上衣芽腫
827 Encephalomyelitis due to Akabane virus infection
800 髄膜腫(Chordoid type)
799 イヌの脳脊髄にみられた瀰漫性髄膜組織球症
798 A. pyogenes菌による椎骨膿瘍から広がった硬膜外膿瘍により圧迫され変形・変性した脊髄
784 原始神経外胚葉性腫瘍(primitive neuroectodermal tumor/PNET)
742 低血糖に伴う大脳皮質浅層に主座する急性神経細胞壊死
741 Retraction ball形成を伴う大脳の瘢痕
740 チンチラの化膿性髄膜脳脊髄炎(ブドウ球菌性)
739 カマイルカにみられたモルビリウイルス感染による非化膿性髄膜脳炎
727 大脳皮質の中層から深層における中等度グリオーシス, および細胞質が豊富なオリゴデンドロサイトの出現, 並びに急性神経細胞壊死
697 散在性非化膿性髄膜脳炎と, 星状愼膠細胞と血管外膜由来間葉細胞両者の増殖ならびに血管の増生からなる多病巣性結節
695 スクレイピー罹患羊にみられた延髄炭白質の海綿状変性

このページは日本獣医病理学専門家協会によって編集されたもので、著作権は当協会に所属します。
協賛:一般財団法人 日本生物科学研究所

Copy right (C) 2006. JSVP. All Rights Reserved.