お知らせ

原稿記載方法
 原稿は標本番号、表題、提出機関を別にして一題あたり本文は約1,000文字とします。項目は原則として動物(動物種、品種、性別、年齢の順)、臨床症状、剖検所見、組織所見、診断、考察、参考文献に大別します。文章の最後に文責者を記載して下さい。
 
 各々の図(写真)に番号を入れ、縦12cm×横16cmの領域に収まるJPEG画像を作成して下さい。
カラーは100dpi 程度の解像度でお願い致します。図(写真)説明は本文中に記載して下さい。
 
 参考文献は原稿中での引用順に番号をつけ、文献の記載方法は「The Journal of Veterinary Medical Science(日本獣医学雑誌)」の規定に従って下さい。

◆原稿の提出は原稿ファイルと図(写真)ファイルのデータ(および図(写真)の配置確認のため、見本として打ち出した原稿)を下記宛にメール添付にてお送り下さい。。
 第57回研修会の発表症例の原稿締切日は平成29年9月末日と設定させて頂きます。

第56回以前の研修会の原稿についても受付けておりますので、日生研宛に送付下さい。

 〒198-0024 東京都青梅市新町9丁目2221番地の1
   一般財団法人 日本生物科学研究所 
   研究開発部 富岡 ひとみ
 E-mail:h-tomioka@ (@以下にnibs.or.jp を付けて下さい)宛

バックナンバーおよび標本セットについて

このページは日本獣医病理学専門家協会によって編集されたもので、著作権は当協会に所属します。
協賛:一般財団法人 日本生物科学研究所

Copy right (C) 2006. JCVP. All Rights Reserved.